失われたアフィリエイトを求めて
ホーム > > デジカメを作ってみよう

デジカメを作ってみよう

コロンビア大学のシュリ―・ナイヤル教授が開発し、この度一般発売が可能になったデジタルカメラを手作りで組立てらるキットがアメリカで注目されています。
わたしも機能が優れたカメラがほしいのでカードローンを利用しようと思います。
さらにこちら(⇒専業主婦カードローン45sk|旦那に内緒!即日融資銀行ローンで書かれています。
子どもへの教育用を目的にしていますが、大人の需要が高そうな予感がします。
小学生の頃、牛乳パックに穴を開けて感光紙を貼り、10分程放置して後に臭い現像液に浸すと白黒写真が写せるカメラを作った記憶があります。
アナログなカメラではなくデジタルカメラを作るなんて、時代の流れと年の差をを感じました。
フィルムカメラの仕組みは、レンズの光をフィルムで受けて現像しますが、デジタルカメラは光を撮像素子で受け止め、電子の流れを信号にして内部処理したものを画像データとして液晶画面に表示し、メモリーカードに記録できる優れものです。
薄いカメラの内部に何がどのように配置してあるのか、見ながら作成できるのでメカに疎い私でも少しは理解できるのではないかと期待します。
また、自分が作ったカメラで写真を撮り、プリントアウトすると愛着がわきそうです。